なんにしても相談

泣き寝入りせずに弁護士に相談を

美容整形手術における医療過誤を立証することは、難しいようです。患者側は手術にあたって同意書を書いていますし、病気の手術ではなく美容目的と言うことで、裁判沙汰にしたくないという人が多いようです。実際に泣き寝入りしている人もいますが、決してあきらめないでください。 美容整形の医療過誤を専門に扱う訴訟弁護士もいます。医療過誤の訴訟弁護士は多数いますが、中には美容整形の訴訟は取り扱っていない弁護士もいます。それほど専門的知識と実績がないと難しい訴訟といえるでしょう。しかし数はまだまだ少ないですが美容整形専門の訴訟弁護士もいます。インターネットで検索するとホームページがみつかるでしょう。まずは専門の弁護士を探すことです。

美容整形の場合は説明義務違反で訴えることが多い

美容整形の手術は自由診療の場合がほとんどです。脂肪吸引など、比較的リスクの高い手術でも、カルテに詳細が記入されていないことが多いのも美容整形病院の特徴です。 美容整形において医療過誤と認定されるケースには、一つは医師が認めるもの、もう一つが事前の説明と術後の状態があきらかに違う場合です。現実には医師が自ら認めるケースはほとんどないでしょう。もう一つの、説明とは違う状態にされたという場合、判断が難しいものです。医師は成功と主張し、患者は失敗と主張するケースもよくあります。そういった場合では、証拠保全の手続きを行いカルテなどの記録を集め医療過誤を追求していきます。 訴訟弁護士だけで動くのではなく、専門医の見解を取り入れながら進めて行きます。裁判にまで発展せず、示談交渉で解決することも可能です。

アフターケアがしっかり行われるようになった

美容整形は、手軽な物も増えてきました。それに伴い価格も非常に安くなり、誰でも手軽に行えるプチ整形等も登場しました。プチ整形は、時間の経過と共に徐々に戻っていくので、これまで親から貰った体にキズをつけるのにとためらっていた人も簡単に美容整形に足を運ぶようになりました。 しかし、説明不足やお互いの解釈の食い違いから訴訟に発展することも増加しています。各医院では、インフォームドコンセントをしっかり行いアフターケアにも力を入れていますが、問題が大きい場合は、どうしても裁判になってしまいます。こんな時は、訴訟弁護士に依頼することになります。依頼する前に、施術前の写真やその後の経過がわかるようにしておくことが大切です。

訴訟は増えている傾向

美容整形は、これまで少なからずネガティブなイメージを持つ人が多かったのも事実です。しかし、医療が進歩し、これまでと違いメスを使わずに簡単に施術ができるようになったので、敷居が低くなかったことに対し、施術する人が増え、その分訴訟が増えました。 医療関係の訴訟にも言えることですが、美容整形に関する案件は、専門用語も多いことから、美容整形専門の訴訟弁護士にお願いすることが必須です。訴訟弁護士は、経験も豊富なことから、こう言った美容整形に熟知しており、勝訴する可能性が高くなります。まずは、弁護士会等に相談し美容整形の訴訟弁護士を紹介してもらうことから始めます。各弁護士会では、どの分野に強いのか教えてくれます。