なんにしても相談

美容整形に失敗したという場合は、泣き寝入りせずに弁護士へ相談を行っていくことが重要になってきます。治療にかかってしまう費用についても相談しておくようにしましょう。

もっと詳しく

弁護士の取り組み

弁護士に依頼を行なう場合は今までの取り組みについて把握しておくことが大切です。今まで医療裁判を行っているのかなど、調査を行なうことによって知ることが出来るので、把握しておくようにしましょう。

もっと詳しく

弁護士と相談

弁護士とじっくり相談することによって、これからの対策について計画を練っていくことが出来ます。また、弁護士によって対応も異なるので、無料相談で見極めていくことが大切です。

もっと詳しく

勝てる弁護士を探す

美容整形の訴訟は難しいというけれど、このまま泣き寝入りしたくない。

せっかく一大決心をして、美容整形はしたものの思っていた仕上がりと違う、なんていう話をよく聞きます。 病気を治す手術とは違って、成功か失敗かの判断が非常に難しいのが「美容整形」の特徴ともいえそうです。 医師がいくら成功したと判断しても、本人が気に入らなければそれは失敗という事になりそうです。 気にいるか気に入らないかは個人の価値観によるところが大きいので、非常に判断が難しく問題になることが多いのも事実です。 しかしそのような場合でも、医師側に明らかに過失があれば示談交渉・訴訟を起こすことができます。 明らかな過失とは、手術中に明らかな手技ミスがあり、必要のない部分にまでメスを入れてしまった、もしくは術前より機能が損なわれた場合、また事前の契約や約束と内容が違うなどの契約不履行にあたる場合です。 そのような場合には、泣き寝入りせず、訴訟弁護士に相談するなど即座に対応をとりましょう。

専門の訴訟弁護士に相談したい

医療訴訟は大変難しいといわれます。 特に美容整形の失敗で訴訟を起こすのなら、医療裁判に実績のある訴訟弁護士に相談するのが良いでしょう。 医療裁判は、専門裁判といわれ弁護士には非常に高度な医学知識が必要とされます。訴訟弁護士の専門知識の有無によって勝敗に大きな影響を及ぼします。 誰に依頼するかが大変重要だといえるでしょう。 まずは医師側に過失があったかどうかを証明できるかがポイントになってきます。 手術の失敗を認めることができれば、その後は手術費用を請求するか慰謝料を請求する、もしくは示談交渉により修正手術をしてもらうなどが可能になります。 美容整形での失敗は定義することが難しいですが、明らかな過失を証明できれば示談にする、もしくは訴訟で勝つことも可能です。 訴訟弁護士にまずは相談してみることをおすすめします。

美容整形は誰もが簡単に出来る時代になりました。

人々の美意識が高まり、今では世界中で誰もが簡単に美容整形を行える時代になりました。皆さん1度は自分の顔や身体に、コンプレックスを抱いたことがあるのではないかと思います。私は一重で目付きが悪いと言われることが多く、昔から悩んでいました。目を大きくしたい、鼻を高くしたい、唇を厚くしたい、しわを消したいなど、美容整形は、誰もが抱えるコンプレックスを取り除いてくれます。美容整形はこれまでに、少しでも美しくなりたいという多くの患者さんを幸せにしてきたのだと思います。しかし、悲しいことに全てがうまくいく訳ではなく、多くのトラブルがあるのも事実です。現在、多くの訴訟弁護士さんが、こういった美容整形によるトラブルに対応されています。

多くのトラブルについて。

簡単に、手術を受けることが出来るようになった美容整形ですが、敷居が低くなったぶん手術の失敗も多くなって来ているようです。失敗した例は、あまり表には出て来ないようですが、多くのトラブルによる訴訟があり、訴訟弁護士さんへの依頼が増えているそうです。コンプレックスから解放されるため、美しく生まれ変わるため、希望を持って受けた美容整形の手術に失敗するのはとても悲しいことです。こんなはずじゃなかったと、一人で苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。そんな、美容整形のトラブルは一人で悩まずに訴訟弁護士さんに相談されるのがベストだと思います。訴訟弁護士さんなら、様々な視点から一番の解決方法を見つけてくれるはずです。

TOPICS

プチ整形のトラブル

プチ整形であっても、大きなトラブルに発展する可能性もあります。弁護士に相談することで解決が期待できるので、訴訟を起こしたいという場合に頼ってみると良いでしょう。

もっと詳しく

立証のために時間確保

有利に裁判を進めていくためには、早めに相談を行って入念に準備を進めていくことが必要になってきます。多くの時間を確保することによって立証に必要な証拠を確保することが出来ます。

もっと詳しく